サムスン MWC2015発表会 その5

サムスンの発表がおわりましたが、ほぼ全てGalaxy S6とGalaxy S6 edgeの説明に終始しました。
特にカメラにはこだわっていたようで、かなりの時間を割いていました。

光学補正や起動時間が0.7秒など、さらには動画撮影も優れていることをアピールしていました。
ただ全般的にびっくりする機能は少なく、残念ながらGalaxy S5の発展版という形に思えました。

そのためかどうかわかりませんが、観客の拍手も非常にまばらであまり反応が良くなかったように思えます。
仕方なく拍手しているように見えました。

予想ではあまりこの端末は売れないのではないかと思います。
確かにバッテリーやカメラなど優れているのですが、だからといって絶対欲しいというモチベーションは湧きません。
もう少しほかの機器との連携等にも焦点を当てたほうが良かったのではないでしょうか?

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です