Try WiMAXでWiMAX2+に挑戦 3rdシーズン その1

W01がTryWiMAXに追加されたので焦って申し込んでしまいましたが、よく考えたら220Mbpsのサービス提供前なのであまり意味がありませんでした。(; ̄Д ̄)

UQコミュニケーションズ CA対応WiMAX2+ルーターW01のTryWiMax開始

ただ申し込んでしまったので評価は行いたいと思いますが、モチベーションは低下気味です。
前回は2014年9月に利用したので、約5ヶ月ぶりとなります。

TryWimax2+に挑戦

測定結果の前に、少し郵送方法が変わったのでその紹介です。
前回まではダンボール箱に入れられて郵送されてきました。
ところが今回はレンタルビデオに使用されるようなケースに入って郵送されてきました。

IMG_20150301_182456
IMG_20150301_182519

 

ついでにW01を入れるケースもこのケースに合わせたものになっていました。
再利用できる点かも非常にいい対応だと思います。(⌒-⌒)
IMG_20150301_182534

ただし今回郵送されてきたW01はほぼバッテリー切れ状態で直ぐに利用できませんでした。
これはマイナス要素です。
せっかくTryするのだから、しっかりとフル充電していてほしいものです。
なお今回も前回と同様に、申し込みしてから2日で到着しました。

Pocket

4 thoughts on “Try WiMAXでWiMAX2+に挑戦 3rdシーズン その1

  1. どうでもいい話ですが、3rdだと思います(笑)

    1st, 2nd, 3rdで、4~20が-th, そっから先は下一桁が1~3だけ21st, 22nd, 23rdってパターンですね。

    • こんにちは。rakuchiさん。
      2ndからコピーして2→3に変えたのに後ろを変えるを忘れていました。(; ̄Д ̄)
      早々に修正しました。

  2. 今はNAD11を使っています。手に入れて数日で様子見中です。
    速度はWiMAX2が上り9~10Mbps下り30~60Mbps。
    無線は雨天に弱い印象があるのですが、本日強雨で開通以来最高の60Mbps越えを記録しました。
    その前に使っていたWM3800Rと比較できるWiMAXが、上り4Mbps下り20Mbpsで、これは絶対値的にはWM3800Rのベストとほぼ同じですが、設置位置がcm単位でずれただけで大きく速度が変わるWM3800Rに比べて、安定している感じがします。

    NAD11というか歴代のAtermは切断病というものがあったそうですがNAD11はファームウェアバージョン1.9以降で省電力移行をオフにしておけば切断されないようです。

    ちょうどゲームのインストールが重なって連日あっという間に7GB越えしてます。
    そこで気になる挙動を確認しているのですが、切断病の調査でNAD11の通信ログを見ていたところ、電源ONから1日以内に7GB越えをした時に、電源ONから24時間後の時点でWiMAX2+が切断されてWiMAXの接続に切り替わり、WiMAX2+に復帰しなくなるのに気付きました。二日連続で起きているので偶然でもないとは思うのですが…。

    再起動すればWiMAX2+の接続に戻って速度制限などはなく利用できるのですが、速度制限は基地局側だけではなく、端末側にも何か仕込まれているような挙動に感じています。

    WiMAX非対応のW01だとこの辺りはまた違うのだと思うのですがどうなのでしょうね。

    • こんにちは。
      W01ですがまだ使用して数日ですが、厚さも薄く非常に持つ運びには便利です。
      肝心のスピードですが、どうも場所によって安定していません。
      これはデバイスの問題なのか、単純にたまたま混雑していたのか不明ですがもう少し様子を見てみたいと思います。
      なお電波自体はほぼ3本立っているので問題ないようです。

      私の場合はアップロードもそこそこの転送速度が必要なのでちょっとこの状態は厳しいかもしれません。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です