アップル 特許訴訟で640億円の賠償の危機

連邦陪審はアップルのiTunesソフトウェアが許可無くテキストの会社の特許を使用したとして、アップルに5億3290万ドルの支払いを明示ました。
今回問題となっているのは、iTunesのDRMとデータストレージ、決済システム関連技術です。

Smartflash者は、8億5200万ドルの損害賠償を請求しました。
ただこの会社は従業員を有しておらず、特に仕事もしていないようです。
単純に発明者のアイデアを商品化するために設立された会社のようです。

アップルの他にもゲームメーカーなども訴えられているようです。

[ソース:bloomberg]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です