サムスン 2014年Q4も世界シェア急落

アメリカの調査会社Strategy Analyticsによると、2014年Q4もサムスンのシェアは回復していないようです。
2014年Q4では3年ぶりに世界シェアが10%台まで低下したそうです。
アップルが48.9%で1位、2位はサムスンの17.2%でした。

一方年間売上高シェアでは、アップルが1位の37.6%、2位がサムスンの25.1%、3位がLGの4.3%、4位がHuaweiの3.8%、5位がソニーの3.7%、6位がXiaomiの3.3%となっています。

サムスンはGalaxy S4シリーズのヒットで2013年に34.1%とアップルに迫りましたがそこから失速してしまいました。

[ソース:businesskorea]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です