サムスン インドでのタブレットトップシェアから脱落?

調査会社のIDCがインドでのタブレット市場の販売台数を発表しました。
2014年Q4は、Q3よりも3.6%成長し、96万台出荷されました。
また販売されたタブレットの通信機能も、WiFi/3Gが一番の伸びを示しました。
WiFiだけ搭載したタブレットは、WiFi/3Gへの移行が加速している反面WiFi/4Gは低迷しています。

prIN25445615_1_254470

一方メーカー別のシェアを見ると、地元メーカーのiBallがトップとなり15.6%を占めました。
このメーカーは、2013年Q4では4.5%のシェアだったので、1年で3倍も伸ばしたことになります。

サムスンは第2異の12.9%ですが、スマートフォンと同様に失速が見えます。
どうもサムスンはインドでうまく消費者のニーズを掴みきれていないように見えます。
idc-samsung-tablet-india

[ソース:IDC]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です