アップル Apple Payの中国導入に苦戦

アップルはアップルの最大の販売市場である中国に、ApplePayを導入しようと動いています。
既に昨年の9月には、iOSのコードの中に銀聯をサポートする形跡があることが判明しています。
さらに11月には銀聯との提携も発表しました。
このため市場では、順調に導入が進んでいると予想していましたが、現在はかなり苦戦していることが判明しています。

この原因は中国規制当局の安全保障上の懸念点を払拭できていなことによるようです。
中国規制当局は、アップルのNFCチップがセキュリティの標準レベルに達していないと考えています。

さらにTouchIDはアリババのアリペイをサポートすると表明していますが、こちらもまだアリペイ側の中国銀聯とのNFC決済システムの作業が残っているためまだまだ遅れるようです。
中国銀聯との作業が終了したのちに、TouchIDとの作業が始まるので当面の間は中国でのサポートは開始できないようです。

image

[ソース:9to5mac]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です