アップル 第一世代Apple Watch向け機能を削減

アップルはApple Watchの開発当初、健康データを収集するために10以上のセンサーを搭載する予定でした。
しかし4月に発売予定のApple Watchでは、大きく機能が削減されて発売されることになりそうです。

これは医療関係の政府の規制複雑すぎるセンサー、またアップルの規格を満たせないセンサーメーカーに配慮したためです。
これは使用者の腕の状態で、センサーが誤作動したりすることが発生したためのようです。

また当初3種類のモデル、エントリー、スポーツ、ハイエンドがありますが、出荷台数の33%はエントリーレベルになるようです。
50%がスポーツモデル、ハイエンドは17%程度にとどまるようです。
ただし発売当初は、ハイエンドの需要は低いと思われますが次第に中国からの需要が増加していくと予想しています。

hero_large

 

やはり医療関係のセンサーは規制のために除かれるようですが、その前に果たしてそんなに需要があるのでしょうか?
一応期待値はかなり高いようですが、デザインがあまり良くないように見えます。

[ソース:WSJ]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です