スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドコモ 販売店でインセンティブに差

ドコモは4月から携帯電話の販売店に支払う手数料に差を設けることを発表しました。
収益性の高い料金プランや顧客満足度で点数を付け、上位店舗に手数料を重点的に分配します。

現在は新規契約などの固定的な手数料の比率が高いため、小規模店舗でも経営できています。
これをある程度手数料にメリハリを付けることで、総店舗数の圧縮と優劣を明確にするそうです。

既にSoftBankはこの体系に変更し、KDDIも販売規模や接客の優劣でメリハリをつけています。

ドコモショップはどこでも大混雑なのですが、これでさらに混雑が加速する可能性があります。
さらにSoftBankのように店舗に不利な契約は拒否される可能性もでてくるでしょう。
基本的にメリハリを付けると言った場合は、コスト削減ということを意味しているのでかなり厳しい状態になるかもしれません。

 

[ソース:日経新聞]