LG電子 独自プロセッサを開発中

既にサムスンは独自のプロセッサーExynosを開発し、Galaxy S6では全面的に採用すると噂されいています。
LG電子もこれに追従しようと、今年後半の量産を目指して独自プロセッサを開発しているそうです。

このプロセッサーはARMv8アーキテクチャとCortex-A53で構成される見通しです。
ただしこの開発はなかなか難しく、Cortex A57とCortex-A53を組み合わせたSnapdragon810の第2世代APを開発していました。
しかしこれは発熱などの技術問題で最近中断したようです。

そのためLG電子はすぐに第3世代のAPの開発に乗り出したようですが、当初予定よりも半年程度は遅れるようです。
Snapdragon810の問題も起こったために、LG電子はかなりの危機感を持って開発を急いでいるようです。

[ソース:dt]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です