アメリカ NSAが世界中のハードディスクにスパイプログラムをインストール その1

またもやアメリカのNSAがスパイプログラムの一部が明らかになりました。
この機関は中国に匹敵する違法行為を平然とやるようです。

今回発覚したのは、シーゲート、東芝、IBM、ウェスタン・デジタルなど世界のハードディスクメーカーのハードディスクにスパイウェアを潜ませていたことです。
発見したのはロシアのセキュリティーソフトメーカーのカスペルスキーというのが皮肉です。

この会社によると、ロシア、パキスタン、アフガニスタン、中国、マリ、シリア、イエメン、アルジェリア、イランで発見されたそうです。
そのほかにも世界30カ国のパソコンから検出されたそうです。
ターゲットは、政府、軍機関、通信会社、銀行、エネルギー企業、原子量研究者、メディア、イスラム活動家などです。

このスパイウェアのすごいところは、ハードディスクのファームウェアに入リこむことでほぼ完全にその存在を隠蔽することができることです。
ウェスタン・デジタル、シーゲイト、マイクロンは、このスパイウェアについて認識していないというコメントを発表しました。
東芝、サムスンは、コメントを拒否し、IBMからは回答がなかったそうです。

なおウェスタンは、政府に対してソースコードは開示していないというコメントを発表しました。
ただ政府は複数のルートでソースコードを入手することが可能です。
例えば国防省や政府機関に対して製品を販売する際に、セキュリティの安全確保のためソースコードの監査を要求したりすることで入手可能です。

カスペルスキーはこのスパイウェアをその暗号方式にちなんで、『the Equation group』と呼んでいます。
このスパイウェアは、USB、CD、自己拡散型ワームを使用して広められているそうです。

 

[ソース:reuters]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です