サムスン 日本からの撤退を検討

サムスンが日本からの撤退を検討しているそうです。
今回Galaxy Note Edgeを最初に販売を開始しましたが、結果はあまりよくない状態でした。
また日本では利益を上げることができず、損失が発生しているそうです。

さらに数年前まで17%のシェアがありましたが、昨年はわずか4%まで減少しました。

これはサムスンのテレビ事業と非常によく似ています。
サムスンの照り日は2006年に世界でトップランクの製品となりましたが、日本では0.1%程度のシェアしか取れませんでした。
結局サムスンは、テレビ事業については日本から撤退してしまいました。

このため携帯についても日本から撤退する可能性があるようです。

J0000013647

[ソース:businesskorea]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です