VAIOスマホ 法人向けも重視

日本通信が2月に販売する予定のVAIOスマホは、スマートフォンに不正侵入防止システム(IPS)を搭載することになったそうです。
この機能を搭載したスマートフォンは大変めずらしく、セキュリティ重視の企業を意識した動きと言えます。

このIPSアプリは不正アクセスだけではなく、攻撃状況もリアルタイムで把握、分析する機能があるそうです。
利用料金は約1,500円程度を予定しているようです。

アメリカでもセキュリティに特化した様々なスマートォンが開発・販売されています。

セキュリティに特化したスマートフォン

黒電話 販売開始

現状どの程度売れているか不明ですが、それなりニーズはあると思われます。
ただ個人向けにもしっかりとしたスマートフォンを提供してほしいです。

 

[ソース:ITPRO]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です