アップル ヘルスケア技術が急速に普及

医師が遠隔で患者を管理するための方法として急速にアップルのヘルスケア技術が主要な病院で導入されているそうです。
この技術は血圧、体重、心拍数などの健康情報を管理するアプリです。

糖尿病や高血圧など慢性疾患を持つ患者の監視に役立つことを目指しています。
同じようなサービスは、Googleやサムスンも開始していますが、まだ横並び状態です。
この市場は3兆ドルと非常に市場規模が大きく、2018年までに世界中の医療期間でこのようなアプリが導入されると予想されています。

ただ医療機器になると厳密な管理や制約が適用されるはずなのですが、アップルはどのように対応しているのでしょうか?
当然競合する医療機器メーカーも動いていると思うのですが、あまり動きが聞こえてこないのが気になります。

[ソース:reuters]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です