ワイモバイル 車載専用WiFiルーター404HW発表

ワイモバイルは車載専用のWiFiルーター404HWを3月下旬に発売することを発表しました。
同時接続台数は10台で、IEEE802.11 b/g/nに対応しています。
残念ながら5GHzには未対応です。

車載専用ということで、シガーソケットに差し込んで使用するようです。
これが実用的かはちょっと考えものですが、持ち運びできないのは不便です。
バッテリーも搭載していないようなので、常にシガーソケットに差し込んでおく必要があります。

0205_404hw

これを見た時、フロアシフトを交換して使用すると思ったのは私だけでしょうか・・・。(; ̄Д ̄)

 

[ソース:ワイモバイル]

Pocket

2 thoughts on “ワイモバイル 車載専用WiFiルーター404HW発表

  1. 最近の車載機器は高級なものだとクラウド連携サービスがあったりしますし、低価格帯の機器でもデータ更新がテザリングでなら無料というようなものがありますので、スマートフォンの充電や取り回しをを気にしないで済むというのはいいと思います。

    これがあると便利なのはフィーチャーフォンユーザーだと思うのですが、その場合はワイモバイルのシェアプランの対象外ですし、MVNOのデータSIMを契約するほうがいいということになってしまうと思います。
    個人向けだとスマートフォンの主回線の契約がある上で更にシェアプランの料金が必要になることを受け入れられる人はほとんどいないと思います。

    個人向けで選択肢になり得るにはせめて制限速度が200kbpsにならないといけないですし、シェアプランなら1枚目のSIMは月額料金無料ぐらいにならないと競争力がないままでしょう。
    SIM単体の契約ができるようになることも必要だと思います。

    個人だとあまり意味がないところからすると、この端末も法人向けなのでしょうか。

    • こんにちは。
      最近はカーナビとの連携等々高度なサービスになってきています。
      確かに個人向けと考えた場合、通常の乗用車で10台も接続しません。
      スマホの場合はLTEなり通信手段を持っているので、車だけ使用するというのは考えにくいです。
      とするとWiFiタブレットなどを想定しているのでしょうか?

      どのような戦略で開発したのかちょっと気になりますが、個人ではあまり使用用途がないと思います。
      なにより持ち運びできないのが辛いです。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です