3大キャリアの光セット割りのお得度(KDDI) その4

3大キャリアの光セット割のお得度を検証しています。

光セット割は何処がお得か?

KDDIの場合は、有名なauスマートバリューが適用されることです。
割引は永年934円とカケホの2/3GB以外は2年間476円プラスで値引きされます。

まずは2年間の場合の毎月の費用です。

  パケット LTE基本料金 auひかり 固定電話 スマートバリュー 合計
データ2 ¥3,500 ¥2,700 ¥3,800 ¥500 ¥-934 ¥10,331
データ3 ¥4,200 ¥11,087
データ5 ¥5,000 ¥-1,410 ¥11,437
データ8 ¥6,700 ¥13,273
データ10 ¥8,000 ¥14,677
データ13 ¥9,800 ¥16,621
フラット ¥5,700 ¥934 ¥10,286

 

 

3年目以降は減額されてしまうので少し維持費が上がってしまいます。

  パケット LTE基本料金 auひかり 固定電話 スマートバリュー 合計
データ2 ¥3,500 ¥2,700 ¥3,800 ¥500 ¥-934 ¥10,331
データ3 ¥4,200 ¥11,087
データ5 ¥5,000 ¥11,951
データ8 ¥6,700 ¥13,787
データ10 ¥8,000 ¥15,191
データ13 ¥9,800 ¥17,135
フラット ¥5,700 ¥934 ¥10,800

 

まずは1人の場合の5年間の維持費を計算しました。
ソフトバンクよりも安くなるのは、パケット料金が少し安いためでしょう。
image

 

5GB/人で使用した場合の維持費を計算しました。
3年目以降の割引額が減るため維持費が増大しますが、だいたいソフトバンクと同じくらいのようです。
image

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です