3大キャリアの光セット割りのお得度(携帯回線対決) その2

3大キャリアの光セット割のお得度を検証しています。

光セット割は何処がお得か?

残念ながら固定回線ではほぼ横並び状態でした。(; ̄Д ̄)
次はセット割を使用した時の携帯電話料金についてです。
ここから各キャリア方針が異なります。

ドコモのみ固定電話サービスの契約なしに割引を受けられます。
なおKDDIは各CATVにより、ネット+固定電話、ネット+TV、TV+固定電話などでも契約できます。

  ソフトバンク KDDI ドコモ
スマート値引き スマートバリュー 光スマホ割
光回線 必須 必須 必須
固定電話 必須 必須 なし
携帯電話 必須 必須 必須

 

実際にセット割を受けるために必要な最低維持費は下記のようになります。
ただしプランによって割引額が異なるので、かなり真面目計算しないといけません。

  ソフトバンク KDDI ドコモ
スマート値引き スマートバリュー 光スマホ割
光回線 ¥3,800 ¥3,800 ¥4,000
固定電話 ¥500 ¥500 ¥0
携帯電話 基本料金 ¥2,700 ¥934 ¥1,700
パケット ¥3,500 ¥5,700 ¥3,500
ISP ¥300 ¥300 ¥300
合計 ¥10,800 ¥11,234 ¥9,500

 

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です