Qualcommの2015年後半のロードマップがリーク

現在QualcommのSnapdragon810がトラブルに見舞われていると噂されていますが、ここで開発を停滞させるわけにはいきません。
そのため2015年後半も開発を続けていくようです。
今回リークされたのは、ミドルレンジのSnapdragon600系、ハイエンドモデルのSnapdragon820,815です。

Snapdragon820は、Adreno530と4GBのLPDDR4で構成されています。
さらにMDM9X55 LTE-Cat.10をサポートし、サムスンの14nmプロセスを使用するようです。

Snapdragon815はARMアーキテクチャを採用しており、20nmプロセスを使用するようです。

Snapdragon620,625,629はミドルレンジのチップで、搭載RAMとアーキテクチャが違うようです。
最後のSnapdragon615は恐らくエントリーレベルのチップで、中国のSMICで製造され、ネットワークもCAT.6のサポートにとどまりますル

qualcomm-SoC-2015

[ソース:gizmochina]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です