韓国 政府主導のモバイルCPU開発を計画 その3

久しぶりに韓国の国産CPU開発プロジェクト状況です。

韓国 政府主導のモバイルCPU開発を計画 その1

韓国 政府主導のモバイルCPU開発を計画 その2

ほぼ1年ぶりなのですが、ようやく動くぎでてきました。
そもそもこのプロジェクトは、モバイルのCPUをARMに握られることに対する危機感から発生したものです。
今後IoT市場が大きくなれば、生活家電などもARM支配されることを防ぐために、国主導でCPUを開発しようということでした。

そして今回ようやく予算がついたのですが、当初予定の1/3の30億ウォン(約3億円)で3年間で90億ウォンを投入することになりました。(; ̄Д ̄)
この時点でこの計画失敗する可能性が高まったのですが、すでに韓国国内でも開発しても需要がなく、サポートも不明確との声が上がっています。

なかなか新しいCPU開発してもそれを使ってもらえなければ意味がないのですが、韓国国産CPUもすでに失敗の烙印が押されてしまったようです。

 

[ソース:etnews]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です