ドコモ光 乞食対策 or 他社排除?

いよいよドコモ光のサービスが開始されますが、あまり知られていない制約があります。
フレッツ光からドコモ光に契約変更するとき、現在使用している電話番号をそのまま利用できます。
ところが、ドコモ光からほかの他社に乗り換える場合、一度解約して新規という取り扱いになるため、電話番号が変更されてしまいます。

フレット光からサービス卸への乗り換えで電話番号が引き継げる仕組みを転用といいます。
一応この目的は、サービス乗り換えに伴うキャッシュバックを目的とした変更を抑制するためと言われています。
ただ実際には電話番号が変更されるため、他社へのサービス変更を抑制する効果もあります。

実際この問題がどうなるか不明ですが、できればMNPのように電話番号がそのまま利用できるようになればいいと思います。

[ソース:itpro]

Pocket

4 thoughts on “ドコモ光 乞食対策 or 他社排除?

  1. こんにちは
    むしろ乞食は番号が変わることなど
    どうでもよくて、一般ユーザーにこそ
    迷惑なシステムに思えます

    • こんにちは。
      そこが頭の硬いドコモではないでしょうか?
      最近は固定電話を持たない人も増えているので、このCB目当てで固定回線契約する人もでてくるかもしれません。

  2. 電話番号の移行に関する制限の話は光発番の場合ですね。
    元々光発番の場合は他社への移行はどの会社間でも不可でしたから、フレッツからドコモ光への乗り換え時だけそれが出来るのは、逆に不公平とも言えます。

    • こんにちは。KAISENさん。
      今の固定の方はかなり光回線に以降しているのではないでしょうか?
      私の家にも散々セールスが来ましたが、未だにメタル回線です。(⌒-⌒)
      ここは公平のためにフレッツ光も不可とするか、他社もOKとするべきでしょう。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です