Apple vs エリクソンの裁判開始

アップルはアップルの携帯端末に使用されているLTE技術の特許について必須ではないとエリクソンを提訴しました。
これはエリクソンがLTE関連の特許使用料として高額な請求をしているためだそうです。

アップルは特許使用料は支払う用意があるが、エリクソンの標準特許に対する価格としては公正にかけるほど高額であると主張しています。
今回特許使用料が高額になっているのは、エリクソンが特許算定基準をその特許を使用している端末の価格としているためです。
アップルはその特許を使用している半導体のチップ価格で算出するべきと主張しています。

まずは裁判所がエリクソンの特許を必要と認めるか、認めた場合は特許料をどう算出するかが問題となります。

 

[ソース:reuters]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です