ソニー モバイル事業売却の可能性に言及

最早ソニーの事業は資産の切り売りと呼ばれているほど迷走しているソニーですが、モバイル事業の売却について言及しました。
一応エレクトロニクスとエンターテイメント、金融は重要なビジネスだと言っていますが、逆にすべての事業を終わらせることもできると述べました。

特にテレビとモバイル今後注意してオペレーションを実施する必要があると言及しています。

最近のソニーは昔のソニーのような魅力的な製品が作り出せていないように見えます。
思い切ってモバイル部門を分社化したほうが、モバイル部門にとっていも幸せなのかもしれません。

[ソース:reuters]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です