iPhone中毒を実験で確認

世界には様々な中毒があります。
数年前はゲーム中毒が話題になりました。
今回ミズーリ大学がiPhoneユーザーの中毒について実験を行い、確認されました。

簡単な実験ですが、iPhoneをユーザーから引き離した場合に様々にテストを実施しました。
その結果、電話を離した場合認知テストのパフォーマンス低下、深刻な心理的、生理的ダメージが確認できました。

単語パズルを実施した時、iPhoneを引き離した場合に不安、心拍数、血圧の増加が確認できました。

今後さらにスマートフォンが身近になった場合、さらに深刻な影響がでるかもしれません。

[ソース:munews]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です