Apple Payより有望なLoop Pay

アップルが主導して行っているApple Payがブームのようにですが、それを上回る有望な支払いシステムがあります。
Loop payと呼ばれている支払いシステムですが、コイルで磁気を発生されることでクレジットカードリーダと通信します。
この技術はMST技術と呼ばれており、現在のクレジットカード読み取り機で使用できます。

使用方法も非常に簡単です。

image

現在香港、イタリア、ブラジル、オーストラリアでサービスを実施しています。
このサービスの最大の欠点は、MSTで通信するためのカードケースなどを購入する必要があることです。
その点でApply Payより不利と思っていましたが、どうやらこの状況が変わりそうです。

どうやらサムスンのGalaxy S6ではこの機能が標準搭載されることになりそうです。
そうすると、上手の①が不要になるので導入のための敷居がかなり低くなります。

 

既に機能や導入のための条件はApple Payを圧倒しています。

1.使用できる小売店が多い。
Apple Payは22万で全体の3%、Loop Payは1000万以上で90%以上の小売店で使用可能。

2.使用できるカードが多い。
Apply Payは全米の10銀行のカード、Loop Payは5000の銀行と発行体、数千のギフトカード、プリペイドカード等。

3.使用できるスマートフォンが多い
Apple Payはiphone6とiphone6 Plusの2機種、Loop PayはiPhone6,6Plus,5,5s,4,4s、Galaxy S4,S4,Note3,Note4,LG、モトローラ、HTC、Oppo、Xiaomi、Huawei、ZTEなどのAndroid4.3以降で動作するスマホ。

4.デバイスメーカーに縛られない

小売店も現在のカードリーダを使用できること、非接触でセキュリティも高いこと、対応デバイスが多いことを考えるとかなり有望と思えます。
ただし消費者がApple Payのようなシステムを使用するかどうかが最大の問題かもしれません。

 

[ソース:LoopPay]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です