MediaTek 2016年にはQualcommに追いつくと予想

エントリーやミドルレンジクラスのスマートフォンに採用されているMediaTekが4Gチップでは技術格差が競合他社と縮まると考えているそうです。
これにより1~2年後には完全に追いつき、2016年にはQualcommの市場シェアに追いつくと予想しています。

中国市場ではかなりシェアを広げていますが、アメリカ、欧州では今後力を入れていくそうです。
さらにテレビ、WiFi、音楽、ウェアラブルデバイスにもチップの搭載を狙っていくようです。
既にソニーのTVに採用されているので、低価格を武器にますますシェアを伸ばしていくのではないでしょうか?

[ソース:moneydj]

Pocket

2 thoughts on “MediaTek 2016年にはQualcommに追いつくと予想

  1. こんにちは。
    個人的には、頭が悪いのでQualcomm一強だと周波数さえ見れば
    すぐ戦闘力がわかるので便利だったんですが・・・
    PCと同じようにベンチサイト首っ引きでないといけない時代ですかねー

    • こんにちは。
      そうですね。
      ベンチマーク見てもやはり会社が違うと単純比較できないのが辛いです。
      予想ではMediaTekが勝つのではないかと思います。
      テレビなど他の機器に搭載するには、Qualcommのチップは高すぎるのでは?と思うのです。
      ただQualcommも本格的に安いチップを積極的に売りだせば別ですが。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です