ワイモバイル Nexus6は好調と表明

新年ということでワイモバイルのCEOのインタビューが掲載されていました。
要点としては5点述べています。

1.Nexus6は好調(; ̄Д ̄)
2.サポートと販売でMVNOに対抗
3.端末は2~3年の使用に対応できるものを販売
4.色々隠し球を用意中
5.PHSの他社流出は少ない

このコメントを見る限り、Nexus6の販売台数は当初からそれほど期待していなかったのかもしれません。
端末も2~3年使用してほしいようですが、最先端の端末はあまり投入されていないように見えます。

特に気になるのが色々な隠し球があるということですが、いつ頃出てくるのか気になります。
もしかすると、Nexus6をソフトバンクで販売するという裏ワザだったりするのでしょうか?

 

[ソース:sankeibiz]

Pocket

2 thoughts on “ワイモバイル Nexus6は好調と表明

  1. Nexus6は需要に供給が追い付かず、売り切れ状態なので好調です!
    Google Playでも売り切れですし、Googleすらこんなに売れるとは思っていなかったとか…(; ̄Д ̄)

    冗談はさておき、キャッシュバックを乗せて拡販する端末という認識は無さそうな感じがしますね。

    隠し球もあるというのは隠し球というぐらいなので、Nexusの延長で一般には認知されていないProject Ara端末を取り扱う予定なのではないでしょうか。

    ソフトバンクとのつながりを利用するのは直球過ぎて呆れられてしまうと思います。提携の線での隠し球ならT-Mobileに身売りするぐらいのことをしたら意外性があるでしょう(⌒-⌒)

    • こんにちは。
      GooglePlayを見ているとすごく好調に見えます。(⌒-⌒)
      ワイモバイルの店頭にある分をGooglePlayに回すとユーザーとしてうれしいのですが・・・。
      Nexus6は拡販用ではないという位置づけなのでしょうか?
      Nexus5よりも端末代が高いのも痛いです。

      Project Araを取り扱う場合は、スマホアクセサリー扱いで売るのでしょうか?(⌒-⌒)
      各キャリアが独自に組み合わせて販売などするとおもろいかもしれません。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です