LG G Flex2 CES2015で発表

既に噂されていましたが、LG電子がCES2015でG G Flex2を発表するようです。
既にCES2015の会場でポスターが展示されています。
形状は昨年のG Flexと同様のようですが、スペックは大幅に向上されているようです。

日本ではauが取り扱いましたが、あまり売れたという印象はありません。
今回もauが取り扱うのでしょうか?

verge-005.0

[ソース:theverge]

Pocket

6 thoughts on “LG G Flex2 CES2015で発表

  1. こんにちは。
    乞食的にも世間的にも微妙だったG Flexの2を作るのですか・・・
    日本市場で微妙だっただけで海外では好評だったのでしょうか。

    • こんにちは。
      G Flex 2はかなり宣伝しているようです。
      以前のものの焼き直しだと面白くないのですが、どうなのでしょうか?
      G Flexですが、以前触った時は大きい割に操作はしやすかったです。
      ただあの形状、どうやって持ち運びすればいいのか。(; ̄Д ̄)

  2. ご返信ありがとうございます。
    今エンガジェット読んでいたのですが
    http://japanese.engadget.com/2015/01/06/lg-g-flex-2/?ncid=rss_truncated

    写真ありの解説で目を引かれまして
    どうも最初の曲線形だけでなく
    iPhoneとは違った意味でかなり曲がるようですね
    2でここまで曲がるとなると、3あたりで大化けするかもと感じます
    液晶技術ここまで来てるんですね…
    ホットモック出たら触ってみようと思いました

    • こんにちは。
      ライブで見ていたのですが、スーツの内ポケットからすっとだしていましたがこの形状でスーツの内ポケットに入れるのはありか?と思ってしまいました。(⌒-⌒)
      今回の形状はお椀型のようになっているようですが、それぞれRが違うそうです。
      G Flexは少し大きいと思ったので、小型化されたFlex2は少し興味があります。

  3. 曲面デザインは意味がよくわかっていなかったのですが、手持ちで操作する時に画面上部に指が届きやすくなるのですね。

    平面型のファブレットがタブレットの延長で家ではスタンドに立てて画面として利用できるのを強調しているのに対して、外で手持ちで使うときの使いやすさにフォーカスしているというのはおもしろいとは思うのですが、初代はそういうアピールがあまりなく、理解されないままに埋没してしまった感じがします。
    日本のホットモックが陳列棚から外せなくなっているディスプレイの仕方だと、この端末の実際に手に持って操作してみないとわからない良さは伝わらない感じがします。
    今度はそういうところも何か変化があるといいですね。

    • こんにちは。
      ディスプレイが大型化しても画面の左や上のほうに片手でも手が届くことです。
      確かに手に持って操作するとき、あの曲面が手にFitするのですが持ち運びを考えると困ってしまいます。
      今回柔軟性もアピールしていたので、ある程度鞄に入れて潰しても大丈夫なのかもしれません。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です