携帯売れ筋ランキング2014年12月第4週

BCNから先週の携帯売れ筋ランキングがでていました。
12月第3週は、ドコモが一括0円として投入したSO-02Gが2位にランクインしました。
これでトップ10にランクインしたAndroid端末は全てXperia勢という結果になりました。

2014年最後の4週目はほぼ上位勢には変動はありませんでした。
ただSIMフリー端末として格安のコヴィアが29位とランクダウンしたのが目立ちました。

 

今週 メーカー 製品名 容量 先週
1位 softbank iPhone6 64GB 1位
2位 docomo SO-02G   2位
3位 au iPhone6 64GB 3位
4位 au iPhone6 16GB 9位
5位 au iPhone5s 16GB 5位
6位 au SOL26   8位
7位 softbank iPhone6 16GB 4位
8位 docomo SO-01G   6位
9位 softbank iphone5s 16GB 7位
10位 docomo iPhone6 64GB 10位
11位 ワイモバイル 302KC   13位
12位 docomo iPhone6 16GB 12位
13位 softbank iPhone6 Plus 64GB 11位
14位 au GRATINA   14位
15位 au KYY05   16位
16位 softbank 401SO   18位
17位 LG nexus5 32GB 24位
18位 asus ZenFone5 16GB 15位
19位 asus ZenFone5 32GB 17位
20位 docomo SH-01G   23位
21位 au iPhone6 Plus 64GB 22位
22位 docomo F-02G   21位
23位 docomo P-01G   20位
24位 docomo F-01G   26位
25位 docomo SC-04F   27位
26位 softbank 305SH   25位
27位 softbank iphone6 128GB 35位
28位 au SHL25   28位
29位 コヴィア FLEAZ F4S   19位
30位 softbank 202SH   32位
Pocket

4 thoughts on “携帯売れ筋ランキング2014年12月第4週

  1. ぱっとみて目に留まるのはドコモのSO-01Gの順位の高さですね。
    お祭り端末にならなかったのに、お祭り端末になった他社と同水準なのはすごいことだと思います。
    同時に401SOの順位が低いのも目に留まります。

    端末販売はMNPよりも機種変更の方が多いということなのでしょうが、そう見るとZenFone5は健闘していますね。

    • こんにちは。
      今年の特徴として、Xperia勢が強いこと。
      そしてなぜかdocomoのXperia Z3が強いことです。
      docomoユーザーはAndroidユーザーがそこそこ存在し、そういうユーザーはXperiaが好きなのでしょう。(⌒-⌒)
      ソフトバンクはやはりアップル命のユーザーが多いのかと思います。

      個人的に気になっているのは、2013年はiPhone5s/5cがすごかったのですが今年はそれほどでもないということです。
      本当にiPhone6は人気があるのか?と思ってしまいます。
      ZenFone5はBICSIMなどとのセット販売で名前が知られたのが大きかったと思います。

      • docomoのXperiaユーザーは裕福な人が多いようですね。
        Z3はAndroid端末としては新世代というほどでもないと思いますが、スマートフォンに詳しくない人でもPS4リモートプレイには魅力を感じていたりしますし、VoLTE対応で電話機としては新世代になるのが購入の決断をしやすかったのだとは思います。

        iPhoneは結果を見るとやはり、6の世代は4インチ画面のiPhoneユーザーが後継機と見做すものではなかったのでしょう。
        iPhone6の国内販売は中国に流れている数がかなりを占めているのではないかとも思います。

        画面サイズ4インチのiPhoneはApple自身も見誤ってしまったほど、よく出来過ぎていたのではないでしょうか。
        機器として意識せずに持ち歩くサイズとしてはあのサイズが限界なのだと思います。

        さすがにAppleもユーザーを思い通りに動かせなかった結果は把握しているので、来年はラインナップに復活させるのでしょうね。

        • こんにちは。
          アップルが好きな人はソフトバンクへ、Xperiaが好きな人はドコモに残ったのかもしれません。(⌒-⌒)
          できればデザインもXperia Z3 compactとXperia Z3を共通にしてもらうと嬉しいのですが、やはり差別化の面では難しいのでしょう。
          デザインも同じならば、小さいスマホが好きな人はcompact、大きなスマホが好きな人はZ3を選べていいと思います。

          iphone6は少しAndroidの影響を受けすぎたのかな?と思います。
          アップルも革新的なものを入れることが出来なかったので、大型化に逃げたのでしょう。
          アナリストが大型化!!と叫んだのも影響しているのではないでしょうか?
          iPhone5cの時もそうですが、最近外部の情報の影響を受けすぎてるように見えます。
          ある意味iPhone5sはスマホ単体としては、完成形なのかもしれません。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です