スポンサーリンク

スポンサーリンク

2014年総括 その4

2014年は3月の突然のキャッシュバック中止に伴う混乱から冬の時代に突撃しました。
この冬の時代が終了するのが5月頃でしたが、その後もあまり過激な動きはありませんでした。
結局全てのお祭りは短期集中型で、携帯ショップに限って行うという対総務省対策を実施して行われたようです。

料金プランも音声定額導入と新しいステージに進みました。
当初はドコモの音声定額が大成功と思われましたが、現状は失敗と見て間違いないでしょう。
それをみたソフトバンクがホワイトプランの廃止を中止したのはさすがだと思います。

今年はドコモがMNPの90日ルール緩和に動く一方で、ソフトバンクは手を変え品を変え違約金を取るべく動きました。
auはそれほど大きな動きがありませんでしたが、ブラックの強化に動きました。

来年は固定回線も巻き込んだ動きが行われるのは確実ですが、SIMロックフリー化、低価格料金の導入等色々な制約等が追加される予定です。
3月の年度末お祭りには、確実に固定回線を巻き込んだキャンペーンが開始されると予想されるので、それについて備える必要があります。

まずは自宅固定回線の契約状況等を確認して3月に備えるべきでしょう。
来年は今年の12月と同様に、年度末お祭りが短期決戦になる可能性も考慮して動きましょう。