2014年11月のWindowsPhoneの動向

マイクロソフトがWindowsストアでのデバイスの動向を紹介しています。
いまだ携帯市場のシェアではまだまだですが、Nokiaの力を上手く使ってシェアを拡大してほしいです。

まずWindwosストアでアプリをダウンロードしたデバイスの92%はWindows8.1を使用していました。
一方WindowsPhoneでは、5%が7.x、65%が8.1のwindwosPhoneを使用していました。

trends1

さらにアプリをダウンロードしたWindwosPhoneのスペックを確認すると、71%がLow Memoryのデバイスでした。
なおLow Memoryの定義は、windwos7.xでは256MB、windows8.xは512MBです。
trends2

 

さらに詳細にデバイスの種類を確認すると、Lumia520が大部分を占めています。
現在10,000円程度で販売されている1年前のモデルになります。
trends3

 

ダウンロードがどの国から行われたかを観測しています。
windowsは242の市場、windwosPhoneは191の市場で利用できます。
1位はさすがにアメリカですが、その他の市場規模は小さいようです。
ほとんどノキアブランドのちからに頼っているのかもしれません。
trends6

 

[ソース:windows]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です