睡眠不足はiPadが原因

国立科学アカデミーの研究によると、睡眠を司る概日リズムの狂わせるのは短波長光であることが判明しました。
短波長光は俗にいう青色側の光です。
これを浴びると、睡眠導入ホルモンのメラトニンを抑制します。

結果、疲れにくいと感じ眠るのに時間がかかるようになります。
そのため次の日に疲れを感じるようになります。

よりよい睡眠を得るには、iPadのようなものを寝る前に使用しないことが肝心だそうです。

[ソース:Business Insider]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です