iPhone6とiPhone6+の需要はまだ強い

証券会社パイパーの調査によると、iPhone6が発売される前は33%の消費者がiPhone6の購入を希望していました。
発売後は37%に、そして12月には40%へとどんどん増加しています。

iPhone6の供給もどんどん改善してきており、今後も売れると予想しています。

11430-4240-Screenshot-2014-12-24-034220-l

証券会社の調査結果なのですが、調査対象が1004人ですがどのように抽出したか気になります。
証券会社の調査というのも気になりますが、まだしばらくはiPhone6が売れることは間違いないようです。

[ソース:AppleInsider]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です