Xiaomi スマホカバーにサファイアの採用を検討

Xiaomiが、5.7インチのスマートフォンXiaomi5のカバーにサファイアを採用することを検討しているそうです。
現在京セラがVerizon向けのスマートフォンにサファイアを採用しています。
これに続いてXiaomiも採用するようです。
さらにHuaweiやVivoもサファイアの採用を検討しているようです。

これら全てがサファイアを採用すると、現在のサファイアの生産能力を上回ることになります。
さらに5インチ以上のスマホの画面に採用するにはインゴットを大きくする必要があり、結晶の成長時間の増加と歩留まり低下を引き起こします。

果たして本当にサファイアを採用するのか注目ですが、むやみに採用するのはどうかと思います。
京セラが採用したスマホも通常のスマホではなく耐久性に特化したスマホです。
差別化のために採用するのは、コスト増を招くため採用しなくてもいいと思うのですが・・・。

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です