au FireFox端末発表会 その5

わざわざ祝日に行った発表会ですが、なかなか面白かったです。

au FireFox端末発表会

田中社長もおっしゃっていましたが、現状では商売抜きの開発だったようです。
そのこだわりが随所に見られました。(⌒-⌒)

気になっていた第2弾があるかどうかですが、現状では厳しそうです。
第1弾が上手く広がっていけば、第2弾もありそうですがまずは様子見という状態と思います。
今回の開発も商売というよりは、今後のモバイルの発展のために役立ちたいという思いで行っていたようです。

最後の質問で商売についてどう考えているか?とい問いがありました。
全く想定外の質問だったと回答しましたが、そんなに無粋な質問するな!!と言ったところでしょう。

はっきり言って、これを商業ラインに載せるにはかなり厳しいと思います。
まず大部分のユーザーは、既存アプリを使用したいし、そんなに開発する気もない。
しかもFireFox市場は日本にはないので、これを1から作るのはKDDIとしてもかなりの危険を伴います。
現状の世界別OSシェアを見てもとてもそんな冒険はできないでしょう。

とは言っても、今後の発展のために何らかの種をまくということで今回発表したのではないでしょうか?
数年後に状況が全く変わっている可能性もありますが、恐らく当面は第2弾はないと思います。

ギーク向けの端末ですが、一番気になる価格の発表がなかったのですがいったいいくらなのでしょうか?
そこがかなり気になります。

商売する気がなかったから、わざわざ祝日に発表会を実施したのでしょう。(⌒-⌒)
今回は外出していたので、スマホで視聴しましたが650MBも使用してしまいました。(; ̄Д ̄)
ソフトバンクのSIMを使用したので、確実に1GB制限に引っかかりますね・・・。

 

どうやら価格は49,680円で、毎月割が855円付くようです。
実質負担金が29,610円でミドルレベルのスマホにしてはなかなかの価格です。
ソフトバンクの305SHと互角のスペックなので妥当な価格だと思います。