ソニー タブレット事業縮小へ

ソニーモバイルのCEO十時裕樹氏がタブレット戦略を見直す方針であることを明らかにしました。
現在ソニーモバイルの売上の5%を占めているタブレット事業ですが、この事業を縮小するようです。

この理由を5点上げています。
1.日本以外では競争力がない
2.そもそもタブレット市場の伸び率が低下している
3.価格競争で優位性がない
4.特徴もない
5.ボリュームもない。

このため縮小することを決断したようですが、撤退するところまでは考えていないようです。

 

一方スマートフォン事業ですが、半年サイクルの見直し、FireFoxの投入などについては議論中だそうです。
ただ今の段階で議論しているということはありえないので、ある程度結論が出ているのでしょう。

Xperia_Z3_Tablet_Compact

[ソース:pcwatch]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です