ソニーハッキングの影響 その3

ソニー・ピクチャーズが11月にハッキングを受けて、大規模なデータ流出が起こりました。

ソニーハッキングの影響

既にFBIから北朝鮮からの攻撃であることが断定サれています。
ソニーもこの映画の公開を中止することを発表しましたが、この対応が議論になっています。
ソニーのこの行為は、テロに屈したという明確なメッセージを送ることになったためです。

さらにオバマ大統領もソニーのこの決定を以下のコメントを発表して批判しています。

ソニーの問題には同情するが、かれらの決定はミスである。
彼らがこれらの種類の犯罪的な行為によって脅迫されているが、これに屈しないように話しました。
またソニーがこのような犯罪に対する対応の先例は、他の企業の圧力にはならない。

ソニーは極めて日本的な対応をしたために、逆にかなりの人々から避難を浴びることになっています。
さらに問題なのは、俳優やメディアからも避難されていることで、今後の映画作成等に影響がでるのではないかと予想されます。

 

[ソース:Business Insider]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です