富士通 今後のスマホの方針を発表

現在らくらくスマホやドコモ向けに端末を供給している富士通は、今後のスマホ戦略を発表しました。
今後の方針としては、3つの項目をあげています。

1.年間300万台体制の維持
2.MVNO向けへの拡販
3.法人向けへの直販

今年はスマホ販売計画は310万台で、前年の370万台より約17%ダウンで進めているそうです。
300万台販売しないと収益が厳しくなるということから、さらなる拡販を目指すようです。

国内スマホメーカーもシャープ、ソニー、富士通、京セラと一時期よりかなり減ってきたのでここは踏ん張ってほしいです。

[ソース:reuters]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です