ソフトバンク アメリカの開発拠点を大幅縮小へ

ソフトバンクが2013年にシリコンバレーに開設した開発拠点を大幅に縮小するようです。
Sprintととの共同開発端末も一区切りついたこと、賃料が年間600万ドルと高額なこと、T-Mobileの買収に失敗したことによるもののようです。
image

昨年の7月の説明では、世界最先端の商品開発拠点とするといっていましたが共同開発は305SHのみで終わるのかもしれません。
今後はシャープに対して日米の共通仕様を示して、開発してもらうのではないでしょうか?

image

[ソース:ロイター]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です