アップル韓国の裁判で敗訴

韓国で個人ユーザーがアップルを訴えて、裁判に勝訴したそうです。
このユーザーはiPhone5を購入しましたが、バッテリーに問題が生じたたために修理を依頼しました。
ところがアップルは修理が難しいので、再生部品で再生したiphone5を返却しようとしたそうです。

これを不服としてユーザーが修理を行わくてもいいので、元のiPhone5の返却を要求した際にアップルはこれを拒否したそうです。
アップルは一度修理を受理した場合は、返却しない方針をとっているようですが、これが抵触したようです。

きっと分解したあとに再度組み立てが難しいので返却しないのでしないでしょうか?

 

[ソース:ZDNet Korea]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です