アップル iPodから勝手に曲を削除したことを認める

アップルはiTunesの反トラスト法の訴訟で、勝手にiPodから音楽を削除していたことを認めました。
これは2007年から2009年の間に、競合する音楽サービスから購入したユーザーを対象に行われていました。

その手法は以下のように行われていました。

1.iTunesiPodの同期を行ったときに、意図的に工場出荷設定に戻すようにエラーメッセージを表示させる。
2.ユーザーが指示に従って復元を行うときに、競合する音楽サービスから購入した曲を削除する。

この動きが反トラスト法違反の根拠として示されています。
なおアップルはこの動作については認めたものの、これはセキュリティを確保するための動作と主張しています。(; ̄Д ̄)
この動作をユーザーに対して開示しなかったのは、ユーザーが混乱するためと述べています。

 

なかなか苦しい言い訳をしていますが、個人が購入したものを勝手に削除するのは問題だと思われます。
またこの主張が通れば、企業はかなり自由に個人のデータを削除することができてしまいます。
これが反トラスト法違反に問われる根拠になるかは不明ですが、流石にやり過ぎですね。

 

[ソース:WSJ]

Pocket

One thought on “アップル iPodから勝手に曲を削除したことを認める

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です