アップル 画面の損傷を防ぐシステムを考案

アップルのiPhoneで有名なのは、ヒビ割れたディスプレイでしょう。(⌒-⌒)
これを理解しているアップルは、iPhone6でサファイアを採用しようとしたようですが失敗しました。

ですが今度は機械的にこれを防ぐ検討をしているようです。
これはアップルが出願した特許で判明しました。

仕組みとしては非常に簡単で、スマホを落とした時に加速度計、磁力計なスマホに搭載されているセンサーを使って衝突する箇所を計算します。
そこで精密な部品が損傷を受けそうな場合は、重心を変更することで比較的ダメージの少ない場所にぶつかるように調節します。

imageimage

ちなみにこの特許は、スマホだけに限定しておらずPCについても説明されています。
電子デバイスの保護機構という特許で出願されているので、あらゆる電子機器の落下時にダメージを受けると問題となる部品の保護機構のために使用することを想定しているようです。

 

[ソース:USPTO]

 

[ソース:appleinsider]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です