Nexus6の耐水性の秘密

Googleが発売しているNexus6ですが、Googleの公式スペックには耐水性の記述がありません。
ところがNexus6を開発/製造したモトローラのホームページには耐水性の記述があります。

モトローラ製Nexus6は耐水性

そこで実際に実験してみた人がいました。
それほど過激な実験ではありませんが、ある程度の耐水性の機能はもっているようです。
ワイヤレス充電も同時に実験していますが、普通は水に浸して充電しないので・・・。

 

[ソース:XDA]

Pocket

2 thoughts on “Nexus6の耐水性の秘密

  1. 水でショートさせる心配なく充電できる状況というのは、お風呂や台所などでの利用で考えられなくはないと思います。
    ただ、充電器の方が自然に存在していないといけないので、コストや設置方法などの問題の解決が必要ですね。

    非接触給電はショートのリスクを無くせるので情報機器の充電が楽になる以外に、屋外での利用で使い道がありそうな気がします。

    • 非接触充電は以外に用途が多いと思います。
      風呂での充電はともかく(^^;、屋外やショップでの充電も非常に楽になります。
      何よりもスマホメーカーにとっては耐水性の確保が格段に楽になりますね。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です