iPad 2015年の販売台数はさらに減少へ

アップルのiPadの販売台数減少はここ数年のとトレンド通りなのですが、2015年にはさらに減少した55万台になると予想されています。
逆にMacBookはソニーのVAIOの売却に伴いシェアを伸ばすと予想されています。
結果、iPadとMacBookの出荷台数は、2013年に90万台、2014年に80万台、2015年に70万台と予想されています。

2015年に12.9インチのiPadの販売が予想されていますが、これでも販売台数の減少は補えないでしょう。
逆に2015年のタブレットのシェアをiPhone6とiPhone6 Plusが奪うと予想されています。

タブレットが登場した時はNotePCの市場を奪うと予想されていましたが、逆にファブレとPCに挟まれて動けなくなっているようです。
今後は2in1のような方向に舵を切って、NotePCとの融合が進むのではないでしょうか?

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です