アップル iPhoneの製造を削減か?

ICデザインハウスからの情報によると、アップルはiPhone用の発注を縮小し始めたようです。
2014年Q4では、iphone6用のチップを5,000万個発注しましたが、2015年Q1では4,400~4,600万個に減らしたようです。

さらに他のサプライチェーンに対しても発注を減らしたようで、1.3~1.4あった受注残が1.1まで減少したようです。
また下流メーカーもiPhone6の発注が緩やかに減少しているそうです。

これらのことから、アップルのiPhone6はすでに出荷台数のピークを越えたようです。

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です