au WiMAX2+対応ルータのIPをプライベートIPに変更

auは現在WiMAX2+対応ルーターに付与されているIPアドレス(IPv4)をグローバルIPアドレスからプライベートIPアドレスへと変更することを発表しました。
IPv6については、これまで通りグローバルIPアドレスとなります。

変更時期は2015年3月下旬以降順次となっています。
一般的なユーザーの場合は、あまり問題にならないと思いますが、オンラインゲーム等を使用している方は問題になる可能性があります。

変更の理由がIPv4の枯渇ということですが、KDDIに割り振られた分がなくなったのかより有効活用するための変更でしょう。

[ソース:au]

Pocket

5 thoughts on “au WiMAX2+対応ルータのIPをプライベートIPに変更

  1. このニュースリリースがおもしろいのはUQではなくKDDIからの発表だということだと思います。

    個人的にグローバルIPアドレスが利用できるかどうかは重要なので、UQがどういう動きになるのか気になります。
    最悪でもWiMAXと同様の有料オプションで利用可能になってほしいです。

    法人だと定額データ回線を有線ネットワークのバックアップやリモートアクセス回線に使ったりもしますので、完全に提供がなくなるようなことはないと思いますが…。

    • こんにちは。
      UQでは既にプライベートIPに移行ずみですね。
      昨年こちらで告知していました。
      各プロバイダも昨年グローバルIPからプライベートIPに雪崩を打って移行しました。
      niftyのイー・アクセスも今月で固定IPサービス終了のようです。

      UQの場合は、100円/月でグローバルIPにするのでKDDIも同様の価格で実施してくるのではないでしょうか?

  2. 最初の一行を見て寿命が縮むかと思いました(笑
    それはWiMAXの話で、WiMAX2+の事情は別です。

    UQの公式見解はサービスインから標準でグローバルIPアドレスを利用可能で変わっていないと思っています。今はFAQのページにひっそりと書かれているだけなのですが…。

    MVNOはDIS mobileもグローバルIPアドレスを標準提供、エディオンネットはオプションで提供と既にばらついているのに気付きました。

    そういう中でKDDIはプライベートのみに変更になったというのが今回のニュースの意味だと認識しています。

    ※ここのコメントはリンクも使えたのですね。

    • こんにちは。
      コメントがスパム判定で表示されなくなっていました。(; ̄Д ̄)
      失礼しました。

      確かに。よくよく見るとWiMaxと書いてありますね(^^;
      この頃はWiMax2+のサービス前なので、WiMax2+についての記述がなかったのか・・・。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です