富士通製イオンスマホ第4弾詳細発表

10月末に発表したイオンスマホの初の国内スマホモデルとなる富士通製の詳細が発表されました。

イオン 格安スマホ第4弾は富士通製

端末代は36,720円、基本料金は1,350円で月々2,880円となります。
見た目は明らかにドコモのらくらくスマホのように見えます。
こちらが今回発売されるイオンのARROWS M01です。
img-arrows

一方こちらがドコモのらくらくスマホになります。
color01

ただしバッテリーの増量、プロセッサの変更、ディスプレイサイズの大型化等行われているので、らくらくスマホの技術を流用してコストを抑えたモデルとなっているようです。
価格がドコモの半分というのはそのためでしょう。

販売は12月5日からで、先行して11月29日からイオンカード会員向けに販売開始するそうです。

[ソース:aeon]

Pocket

One thought on “富士通製イオンスマホ第4弾詳細発表

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です