サムスン vs TSMCのA9チップ争奪戦は引き分け?

ここ数日でコロコロと状況が変わっていましたが、ようやく決着がついたようです。
当初はサムスンがA9チップの80%を製造することになったという情報が流れました。(; ̄Д ̄)

サムスン アップルのプロセッサ製造契約に成功

ところが数日後、今度はTSMCがアップルのチップを80%製造することになったいう情報が流れました。(; ̄Д ̄)

サムスン A9の受注合戦でTSMCに敗北

そして今日、また新しい情報が流れました。(; ̄Д ̄)
どうやら次世代iPadとiPhone用のA9チップをTSMCが40~50%製造する事になったようです。
当初はTSMCがアップルのチップの大部分を受注したようですが、サムスンが低価格で巻き返したようです。
その結果、サムスンは次世代iPhoneのチップの50%を製造することになったようです。

これで決着がついたか不明ですが、来年の9月に発売するならば、そろそろFabを決めて試作に入らないと間に合わないはずです。

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です