サムスン Galaxy S5の販売台数が失速

サムスンの鳴り物入りで登場したGalaxy S5ですが、当初はGalaxy S4を上回る販売台数を誇っていました。
ところが現在の状況は、Galaxy S4よりも400万台も少ない販売台数となっています。
これは主に中国での売上減少が起因しています。
アメリカでは依然好調を維持していますが、中国では50%もダウンしているそうです。

Galaxy S5は当初Galaxy S4よりも20%増の販売台数と予想していたため、これは非常に大きな問題となっています。
このため売上の減少と在庫の増加という2重の問題に対応するため、製品ラインナップの削減に踏み切ったと思われます。

サムスンの当初の予想の20%増の目論見が外れたのは、中国での失速が大きいようです。
ということは今後中国での販売についてどのような対応を取るのかが、重要となってきます。

[ソース:WSJ]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です