アップルのSiriは車載用として最悪

徐々にスマホも車に搭載されるようになってきました。
当然音声認識も搭載されており、恐らく今後重要なインタフェースになるでしょう。

ところが車載に搭載した音声を使用する場合、ドライバーにストレスを与えることがわかってきました。
実際に研究者によって6つの音声認識システムがテストされました。
1が良好で5が最悪です。

その結果トヨタのEntuneは、ほぼラジオと同程度のストレスで1.7でした。
シボレーのMyLinkはかなり悪く3.7でした。
さらに悪いのはアップルのSiriで4でした。

Siriはジョークなど言うので集中力を乱すことが問題視されたようです。

今後音声認識システムが普及してきた場合、より色々な音声や対応が必要になってくるでしょう。

[ソース:WSJ]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です