Kateeva社 安価にOLEDを量産するシステムの出荷開始

Kateeva社は安価にフレシキブル勇気発光ダイオード(OLED)を製造システムの出荷を今月下旬に出荷することを発表しました。
最初のシステムはアジアの顧客と発表されていますが、恐らくサムスンであると予想されています。
その理由の1つは、この会社にサムスンの投資法人が出資していこと、もう1つは最近2015年にフレキシブルディスプレイを搭載したスマートフォンを投入すると発表したことです。

サムスン 2015年にフレキシブルディスプレイスマホ投入

ただいくら安価にOLEDが作れたとしても、それがユーザーが欲するものなのかが重要となってきます。
どちらかと言えば、スマートフォン意外の用途の方が色々と活用方法があると思われます。

[ソース:Kateeva]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です