スマホの急速充電対決

最近のスマートフォンは急速充電に対応するものも増えてきました。
従来は単純に電流を多く流すことで急速充電を行ってきました。

ただしUSBの規格上電圧は5Vなので、電流も通常は0.5A、急速充電でも1A,1.8A辺りが上限となっています。
これはあまり電流を大きくすると、発火や様々問題点が起こるためです。

そこで最近のスマートフォンは、Qualcommが開発したQuick Charge2.0を採用しています。
これは電圧を上げることで急速充電を実現しており、専用チップを搭載することで電流/電圧も制御しています。

この急速充電を行った場合に、0-100%の充電時間の測定を行いました。
当然搭載しているバッテリー容量なも依存しますが・・・。

メーカー 端末 充電時間 バッテリー寿命 バッテリー容量
1位 Oppo Oppo Find 7a 1時間22分 6時間6分 2800
2位 サムスン Galaxy Note4 1時間35分 8時間43分 3220
3位 Google Nexus6 1時間38分 7時間53分 3220
4位 LG LG G3 2時間 6時間14分 3000
5位 OnePlus OnePlus One 2時間 8時間5分 3100
6位 サムスン Galaxy S5 2時間2分 7時間38分 2800
7位 サムスン Galaxy Note3 2時間15分 6時間8分 3200
8位 Apple iPhone6 2時間27ん 5時間22分 1810
9位 モトローラ Moto G 2014 2時間31分 6時間17分 2070
10位 Apple iPhone6 Plus 2時間51分 6時間32ん 2915
11位 モトローラ Moto X 2014 2時間56分 5時間45分 2300
12位 HTC HTC One M8 3時間27分 7時間12分 2600
13位 Sony Xperia Z3 Compact 3時間28分 10時間2分 2600
14位 Sony Xperia Z3 3時間55分 9時間29分 3100

 

こうしてみると、サムスンのGalaxy Note4の進歩がよくわかります。
充電時間も短く、バッテリー寿命も長く、バッテリー容量も多い。
OnePlus Oneもかなりの好成績を収めているので、中国メーカーも技術力が上がってきていることがわかります。

[ソース:phonearena]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です